ペットを買う理由は
可愛いから!

ペットブームという言葉が流行り10年近くが立ち、犬、猫のペット数は2018年ペットフード協会の調べによりますと1855万2千頭を越えました。日本の総人口1億2000万人近くいることを考えると、総人口の15%もの方がペットを所有していることになります。ペット飼っている皆様のペット飼う理由は、内閣府の調べによりますと第1位が動物が好きだから。続いて、第2位に気持ちが和らぐからという理由でミサ様はペットを飼っていました。ペットが好き、気持ちが和らぐには、可愛いが関わっていると私は思います。そこで、ペットがもっとも可愛いとされている年齢を調べてみました。

Next

愛犬、愛猫の敵

はじめに、子犬、猫を飼い始めた飼い主が第一に注意したいのが感染症です。子犬、猫が生まれて最初に飲む母犬、猫のお乳には、母犬、猫が持つ免疫が含まれています。しかし、この母子免疫の効果は60日程度。この免疫が切れる時期は感染症に無防備で、子犬、猫にとっては危険な時期となるのです。

Next

子犬、猫用のお薬

飼い主様が忙しくなかなかワクチンを病院へ行き、打つことができない。という方もいらっしゃると思います。そこで、今回は子犬、猫用のお薬を探してみました。余計な情報を検索して、ネットをうろうろするのも面倒だと思い、シンプルに”ペット” ”くすり”の2つのキーワードで調べてみたところ、、、

Next

子犬、子猫によってもっとも可愛い年が違う!?

ナショナルジオグラフィックスさんの調べによりますと、アリゾナ州立大学のクライブ・ワイン氏、オランダ、ユトレヒト大学のネイディーン・チェルシニ氏、米テキサス工科大学のネイサン・ホール氏の3氏は大学生51人に生後の異なる子犬見せて、それぞれを評価してもらったところ生後6週間〜8週間の間の子犬が可愛いということが判明しました。一方で、猫は生後6ヶ月〜8ヶ月の時期が一番可愛いと言われています。この時期は人間換算ですと14歳〜18歳に当たります。1年以降で子猫は成猫となっていきます。ペットを飼うことの理由の大部分をしめる”可愛い”を求め幼い子犬、猫を飼う気持ちはとても共感できます。しかし”可愛い”を求め子犬、子猫を飼うことで幼いゆえのデメリットも出てきます。
そこで、今回は子犬、猫がかかりやすい病気、怪我に注目して行きたいと思います。